文字サイズ | A A+ A++

平成21年12月定例会・一般質問《質問日:平成21年12月14日》 …質問一覧のページに戻る

教育問題について -2.秋田県に学ぶ-

質問 今年度実施された全国学力テストの結果を見ますと、小・中学校合わせた平均正答率は秋田が1位、次いで福井、富山と3年連続して同じ結果でございます。
 また、学力と生活の関連の分析も発表され、正答率が高い生徒には、「ノートを丁寧に書く」、「毎日朝食を取っている」、「学校での出来事を家の人と話す」などの傾向があります。
 1位の秋田県ですが、実は過去、全国学力テストが行われた昭和39年には、全国でも実は最下位レベルだったとのことです。何が秋田県をここまで躍進させたのか。それは、かつてはどこの学校や家庭でも行われていた、基本に返ったからではないでしょうか。
 秋田には、「秋田わか杉っ子学びの十か条」というものがあります。「早寝、早起き、朝ごはんに家庭学習」、「学校の話題で弾む一家だんらん」、「決まりやルールは守ってあたりまえ」。まさに当たり前過ぎて拍子抜けするほどですけれども、この基本ができていないのが今の日本社会の現実ではないでしょうか。日本の学力を上げたいなら、子供たちの学力を上げたいなら、もう一度基本に立ち返ることが大切だと考えます。
 埼玉県でも「学力」、「規律ある態度」、「体力」の3つの分野について、その学年で着実に確実に身に付けたい、身に付けさせたい基礎的・基本的な内容を、「教育に関する3つの達成目標」として取り組みを進めております。ただ、秋田県の「学びの十か条」を見ますと、生活習慣に注目した取り組みが特徴的となっています。生活習慣が教育するといった「生活習慣教育」に目を向けた取り組みといってもよいでしょう。
 このほか秋田県では、各学校がテスト結果を入力し、学校別の学力レベルを随時評価するインターネット上評価システムを取り入れております。また、多くの小中学校では普段から勉強する習慣を身に付けさせる「家庭学習ノート」の取り組みを実施しているとお聞きします。さらに小中学校の成績に比べ、高校生の名門大学への進学率が非常に低いことから、公立高校が予備校講師を招き、特別授業を行うなどの工夫を凝らし、さらなる学力の向上に努めていると伺っております。
 本県も、「生きる力と絆(きずな)の埼玉教育プラン」の取り組みを確実に進めていくのはもちろんでありますが、秋田県をはじめ他県の取り組みに学び、必要なものは取り入れていくことも大切であると考えます。教育長のご所見をお伺い申し上げます。

教育問題について -2.秋田県に学ぶ-

答弁島村 和男 教育長

 現在、この3年間にわたって行われた全国学力・学習状況調査の結果を踏まえ、県、市町村、学校はそれぞれの立場で児童生徒の学力向上に努めております。
 また、県は、本県独自の取組である教育に関する3つの達成目標や学習状況調査を行い、これらの結果から課題を明らかにし、その改善に向けた取り組みを進めております。
 これらの取り組みに加え、議員お話しの他県の優れた事例から学ぶことは、学力向上を図る上で重要な手立ての一つであると考えます。
 秋田県へは昨年度、担当者を派遣して、情報収集ならびに意見交換を行ってまいりました。
 そうした中で、市町村の教育委員会や県PTA連合会と一体となって、「学びの子5つの合い言葉」を作成し、学びの心構えを児童生徒に呼び掛け、学習意欲の向上に努めております。
 また、児童生徒の学力向上を図る上で、家庭と手を携えることが重要でありますので、これまでリーフレットを継続的に作成・配布し、基本的生活習慣の確立や家庭学習の習慣化を図っております。
 今後とも、本県の取り組みの成果を検証し、その課題を明確にしながら、他県の優れた事例も参考にして、児童生徒の学力向上を推進してまいります。

※記事掲載写真のほとんどはクリックして拡大画像をご覧いただけます。 ※当ホームページに掲載の記事、イラスト、写真などの無断転載を禁じます。 ※イベント等の写真をホームページに掲載する場合がございます。掲載を望まない方はお手数ですがお申し出ください。

※個人情報のお取り扱いについて ※宮崎栄治郎ホームページRSS

© 2019 Eijiro Miyazaki

過去の記事

県政調査事務所

さいたま市南区大谷口1064 TEL:048-887-6511 FAX:048-882-5980 ご連絡・お問い合せはこちらのメールフォームからどうぞ。 ホームページは携帯からでもご覧いただけます。下のQRコードからどうぞ。
QRコード

ページの先頭に戻る↑