タグ | 研究

3月25日(月)、埼玉県和光市にある独立行政法人理化学研究所仁科加速器研究センターを訪ねました。

敷地内の桜が見ごろ。隣は小学校

敷地内の桜が見ごろ。隣は小学校


こちらの施設のメイン装置は「RIビームファクトリー」。これは何かというと、万物創成の謎を解き明かすという物凄い装置なのです。

仁科加速器研究センターの藤縄雅先生が施設内を案内をしてくださいました。

仁科研究センターの藤縄先生

仁科研究センターの藤縄先生(中央)


世界一の「RIビームファクトリー」では、いくつもの加速器をつないで段階的に加速する「多段式」を採用しています。
また、RIビームファクトリーの主役、超伝導リングサイクロトロン(SRC)は、東京タワーのおおよそ二倍の重さ8.300トンに及ぶ鉄の塊でできているのだそうです。
超伝導リングサイクロトロン(SRC)

超伝導リングサイクロトロン(SRC)

これにより原子核を高速の70パーセントまで加速し、かつ世界最強のビーム速度を得ているのです。このことは、理研が今日まで永年蓄積した技術の集約であり、日本の誇りでもあります。

藤縄先生は研究の傍ら、RIビームファクトリーから排出されるエネルギーを隣地の学校や病院に活用できないものかと行政に働きかけてもおられます。

· ·

RSS 埼玉県新着情報

※記事掲載写真のほとんどはクリックして拡大画像をご覧いただけます。 ※当ホームページに掲載の記事、イラスト、写真などの無断転載を禁じます。 ※イベント等の写真をホームページに掲載する場合がございます。掲載を望まない方はお手数ですがお申し出ください。

※個人情報のお取り扱いについて ※宮崎栄治郎ホームページRSS

© 2019 Eijiro Miyazaki

過去の記事

県政調査事務所

さいたま市南区大谷口1064 TEL:048-887-6511 FAX:048-882-5980 ご連絡・お問い合せはこちらのメールフォームからどうぞ。 ホームページは携帯からでもご覧いただけます。下のQRコードからどうぞ。
QRコード

ページの先頭に戻る↑