タグ | 地方創生

9月24日(木)は9月定例会の初日でした。
この日、増田寛也元総務大臣が「地方創生における地方自治体の役割について」をテーマに埼玉県議会で講演されました。

一つには団塊世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年問題を見据えて人口減少対策問題と合わせ、介護職不足や介護作業負担軽減のための作業ロボットの必要性を話されました。

また、地域の特性に合わせた土地利用の法制についても今後条例などを活用して、地域事情にあった方策を考えていくことが肝要と説かれました。

県議会で講演された増田寛也元総務大臣

県議会で講演された増田寛也元総務大臣

· · · · ·

講師に内閣府大臣政務官兼復興大臣政務間官 小泉進次郎氏を迎え、日本経済研究センター集中セミナー第一回「逆風下の地方創生」が8月24日(月)14:00から、日経ビル6階セミナールームで開催されました。
 
地方創生は未だ道筋がはっきりと見えてこないところですが、小泉氏によれば、まち・ひと・しごと創生本部では地方自治体のみなさまが地方版総合戦略を策定される際の情報支援ツールとして、平成27年4月21日より地域経済分析システム RESAS(リーサス)の供用を開始したとの解説がありました。

地域経済分析システム RESAS(リーサス)

地域経済分析システム RESAS(リーサス)

RESASについて説明する小泉進次郎氏

RESASについて説明する小泉進次郎氏

このツールを活用し、地方のアイデアをリーサスに載せ、産業振・観光振興等に大いに役立てるべきと結論づけました。

· ·

去る16日、千代田区永田町は都市センターホテルに全国の都道府県議会議員が一堂に会し、共通する政策課題等についての情報交換や意見交換を行いました。
地方分権時代に即応した議会機能の充実と活力に満ちた地域づくりに皆の意見が集約されました。

最初に「日本の政治はよくなるか〜ねじれ国会の課題と展望」と題して、時事通信社解説委員、田崎史郎氏による基調講演が行われました。その後、5つの分科会に分かれてこれからの地方議会のあり方についての討論会が開催され、非常に活発な意見交換が行われました。

基調講演を行う田崎史郎氏

基調講演を行う田崎史郎氏

日時:11月16日(火)13:30〜18:00
場所:千代田区永田町、都市センターホテル
主催:全国都道府県議会議長会
後援:総務省

· · · ·

※記事掲載写真のほとんどはクリックして拡大画像をご覧いただけます。 ※当ホームページに掲載の記事、イラスト、写真などの無断転載を禁じます。 ※イベント等の写真をホームページに掲載する場合がございます。掲載を望まない方はお手数ですがお申し出ください。

※個人情報のお取り扱いについて ※宮崎栄治郎ホームページRSS

© 2019 Eijiro Miyazaki

過去の記事

県政調査事務所

さいたま市南区大谷口1064 TEL:048-887-6511 FAX:048-882-5980 ご連絡・お問い合せはこちらのメールフォームからどうぞ。 ホームページは携帯からでもご覧いただけます。下のQRコードからどうぞ。
QRコード

ページの先頭に戻る↑