タグ | 労働

全国私立幼稚園退職金団体協議会 研修会・懇親会が6月13日(木)がロイヤルパインズホテル浦和にて開催されました。

私立幼稚園職員の待遇改善と更なる幼児教育の質の向上を目指す情報交換の全国大会であります。

全国協議会会長の伊藤聡氏(愛知県私立幼稚園退職基金財団)

全国協議会会長の伊藤聡氏(愛知県私立幼稚園退職基金財団)

·

埼玉県政治連明定期大会後の祝賀会 が6月6日(木)、ブリランテ武蔵野で開催されました。

埼玉県社会保険労務士政治連盟は、「社会保険労務士法」の改正・改善のために 政治に積極的に働きかける「社会保険労務士政治連盟」の埼玉県内の会員で成り立つ組織であります。

·

私の所属する産業労働企業常任委員会は、去る8月26日(水)〜28日(金)の3日間で関西方面の視察を行いましたので、2回に分けてご報告いたします。

(株)ダイキンサンライズ摂津は 平成5年5月に大阪府・摂津市及びダイキン工業が第3セクター方式で設立した特例子会社で、平成6年6月より操業を開始しました。

(株)ダイキンサンライズ摂津

(株)ダイキンサンライズ摂津

業務内容は空調部品、油圧部品の組立・製造、梱包作業などで、親会社のダイキン工業からの受注を請け負っています。
平成26年6月現在の従業員は、身体障害のある方107名(内、肢体不自由者31名、視覚障害者31名、聴覚障害者30名、知的障害者20名、視覚障害者1名、精神障害者25名)、健常者17名。会社は厚生労働省の平成26年度精神障害者等雇用優良企業として認証されております。

(株)ダイキンサンライズ摂津での取組みを視察

(株)ダイキンサンライズ摂津での取組みを視察

本県においても、中小企業支援・障害のある方の就労支援に取り組んでいることから 同社の取組を視察し、今後の本県に対する施策推進の参考といたしました。

その2に続く↗️

· · ·

去る10月21日(月)10時00分から11時20分、本木茂決算特別委員会委員長以下17名の構成である決算特別委員会は、ハローワーク浦和・就業支援サテライトを視察いたしました。
私、宮崎栄治郎は委員会メンバー外ではありますが、ハローワーク浦和・就業支援サテライトの地元議員という事で、共に事業内容の説明を受けて参りました。

ハローワーク浦和・就業支援サテライトにて説明を受ける

ハローワーク浦和・就業支援サテライト
にて説明を受ける

昨年8月、上田知事と厚生労働大臣が「ハローワーク特区協定」を締結したことにより、知事がハローワーク浦和の業務に関し必要な指示を行えるようになり、実質的にはハローワークが国から県に移管されたことと同じになったのです。
これは地方分権改革の主たる目的である「住民に身近な行政はできる限り地方に委ねる」という方針のもと、課題となっている国のの出先機関原則廃止のリーデイングケースとして、ハローワーク特区が実施されることとなったものです。
今後は、地方主導でサービスを改善することにより、国に対し地方移管のメリットを示していくことになるとの力強い説明がございました。

ハローワーク浦和・就業支援サテライトは武蔵浦和駅から徒歩3分、ラムザタワービル3階にあり利便性が良く、一日200人が利用されているとのことでした。
利用者は、県南地域のさいたま市は勿論、川口、戸田、越谷、川越、北は、熊谷、鴻巣地域の県民や都内からも訪れておられるそうです。
就労を求める方々にとっては、スタッフがきめ細かく対応し、来場利用者満足度調査から「満足」「やや満足」を含めて98.5%と高い評価結果が出ていることも報告されました。

ハローワーク浦和・就業支援サテライトパンフレット

ハローワーク浦和・就業支援
サテライトパンフレット

※パンフレット画像クリックでPDF(1MB)をダウンロードして頂けます。

· · ·

1月29日(火)10時から県職員会館1階に於いて、県と周辺企業が共同で運営する「県庁モデル保育所〈コバトン保育園〉」の内覧会に参加して参りました。【県政ニュース】

やさしい木の温もりがある明るい室内

やさしい木の温もりがある明るい室内

コバトン保育園は共同利用型企業内保育所のモデルとして計画され、このほど完成したものです。
上田清司県知事が進める施策「ウーマノミクス事業」の一貫でもあります。

室内の様子を見て回る

室内の様子を見て回る

取材に応じる上田知事ら

取材に応じる上田知事ら

「コバトン保育園」の概要は次の通りです

場  所:職員会館1階約100m²
定  員:15名(内県職員3名、企業12名)
利用時間:月〜金の朝8時から夕刻7時まで
保育事業者:(株)ニチイ学館
保育料:月額42,000円
利用開始:平成25年4月

※お問合せ
産業労働部 ウーマノミクス課
企業内保育所担当
電話番号:048-830-3963

· ·

ハローワーク浦和・就業支援サテライト案内板埼玉県は暮らしと仕事の後押しを目指し、厚生労働省埼玉労働局と共同で求職者への生活支援や職業紹介などを一体的に行なう「ハローワーク浦和、就業支援サテライト」を南区の武蔵浦和ラムザタワービル3F(武蔵浦和駅前)に開設しました。

これはハローワークを地方自治体に移管できるかどうかを探る八ローワーク特区協定に基づく実験的試みで、国の出先機関改革の一環であります。埼玉県は佐賀県に続いて全国で2ヶ所目。3年を目安に取組の利点や課題を検証していきます。

ハローワーク浦和・就業支援サテライトの開所式は10月27日(土)10時より行われました。
また、就業支援の応援団として浦和レイナス所属、ロンドンオリンピック女子サッカー日本代表なでしこジャパン矢野喬子選手らも訪れ、就労支援に対するメッセージを参加者の前で披露しました。

ハローワーク浦和・就業支援サテライト開所式

ハローワーク浦和・就業支援サテライト開所式

浦和レイナス矢野選手らと上田知事

浦和レイナス矢野選手らと上田知事

· ·

Older posts >>

※記事掲載写真のほとんどはクリックして拡大画像をご覧いただけます。 ※当ホームページに掲載の記事、イラスト、写真などの無断転載を禁じます。 ※イベント等の写真をホームページに掲載する場合がございます。掲載を望まない方はお手数ですがお申し出ください。

※個人情報のお取り扱いについて ※宮崎栄治郎ホームページRSS

© 2019 Eijiro Miyazaki

過去の記事

県政調査事務所

さいたま市南区大谷口1064 TEL:048-887-6511 FAX:048-882-5980 ご連絡・お問い合せはこちらのメールフォームからどうぞ。 ホームページは携帯からでもご覧いただけます。下のQRコードからどうぞ。
QRコード

ページの先頭に戻る↑