タグ | エコ

埼玉県は創エネへの取組みや省エネを目指した事業について実行部隊を担う自治体を募集し、モデルケースを作るべく働きかけをしています。

平成23年11月から提案事業の内容と実現可能性について事業推進調査を実施し、事業の意義、インパクト、実現可能性などを総合的に評価して5つの実施市町(秩父市、本庄市、東松山市、坂戸市、寄居町)を決定いたしました。

実行2年目に入る今年は更に積み重ねの段階であり、現在はこれらの実施モデル市町を足掛かりとし、将来に向け埼玉県の取り組みを全国にも発信してまいります。

エコタウンへようこそ

· · ·

5月17日(木)、浦和ワシントンホテルにて「最近の金融経済情勢について」という演題で開催されました。
講師は日本銀行調査統計局 参事役、市川能英先生。当日は次のようなお話をされました。

現在の日銀の短観を始めとする経済調査状況結果からいたしますと、自動車エコ減税の打ち込みや東北3県の復興事業による資材需要、雇用面からも持ち直し傾向が出てきております。
一方各地方ではこれといったはっきりとした経済の持ち直しは体感できないところであるのが実情です。
2013年までは緩やかな成長は見込めるところではあります。がしかし、その先の各企業は、人口減少もあり、これまでの形態からより創意工夫を凝らしたものが生き残りができると思われます。そう締めくくられ、講演は終了しました。

講演された市川能英先生

講演された市川能英先生

· ·

去る4月10日、埼玉県議会選挙の投開票がありました。投票率は前回を下回りましたが、たくさんの方が投票所に足を運んでくださいました。
わたくしは選挙区内候補中最多得票というたいへん多くの方々のご支持を頂きまして、3期目の当選を果たすことができました。
選挙準備態勢に入りつつあった去る3月11日午後2時46分には、関東地方にも大きな揺れをもたらしたM9の巨大地震が発生し、想像をはるかに超えた大津波が東日本を襲いました。その一連からなる福島原発事故は未だ収束を見ない状況であります。ここにあらためて、犠牲となられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

規定によりここで不特定多数の皆さまに向けた御礼を申し上げることはできませんが、宮崎栄治郎が今後引き続き、もしくはさらに力を込め押し進めていきたい政策を表明させて頂きたいと考えます。

  • 地域に根差した議員として生の声を聞き取り、だれもが生き生きとして暮らし、故郷としての愛着の持てる街づくりをすすめて参ります。
  • 日本の将来を託す青少年の健全育成が大変重要であり、諸施策を更に力強くすすめて参ります。
  • 埼玉県議会警察危機管理防災委員会委員長職の経験を生かし、更に安心安全な埼玉県作りを目指し働きます。
  • 東北方面の巨大地震で被災された方々などを含めた支援計画を県議会としてでき得る全てを進めていきます。
  • 電力不足に伴う節電のための緒施策を打ち出し、エコ埼玉を実践していくよう働きかけて参ります。

※わたくしの基本政策はこちらをご覧ください

埼玉テレビの取材を受ける宮崎栄治郎

埼玉テレビの取材を受ける宮崎栄治郎

支援者へのごあいさつ

支援者へのごあいさつ

南区選挙管理委員長から当選証書を受け取る

南区選挙管理委員長から当選証書を受け取る

· · ·

※記事掲載写真のほとんどはクリックして拡大画像をご覧いただけます。 ※当ホームページに掲載の記事、イラスト、写真などの無断転載を禁じます。 ※イベント等の写真をホームページに掲載する場合がございます。掲載を望まない方はお手数ですがお申し出ください。

※個人情報のお取り扱いについて ※宮崎栄治郎ホームページRSS

© 2019 Eijiro Miyazaki

過去の記事

県政調査事務所

さいたま市南区大谷口1064 TEL:048-887-6511 FAX:048-882-5980 ご連絡・お問い合せはこちらのメールフォームからどうぞ。 ホームページは携帯からでもご覧いただけます。下のQRコードからどうぞ。
QRコード

ページの先頭に戻る↑