7月/11

14

埼玉県立がんセンター新病院起工式が開催されました

埼玉県立がんセンター新病院起工式

埼玉県立がんセンター新病院起工式

7月10日(日)、埼玉県立がんセンター新病院起工式が開催されました。

【経緯】
埼玉県立がんセンターは昭和50年11月開院以来、高度がん医療の実践と研究を通じ県のがん医療の水準の向上に寄与してまいりましが、開院以来35年が経過し、この間の医療の進歩や患者の動向を踏まえ、この度新病院の建設と相成ったわけであります。

高度先進がん医療の提供を図る

3大治療の強化

  • 手術    手術室を増設(7室から12室)
  • 放射線治療 治療室を増設(3室から4室)
  • 化学療法  外来用ベットを増設(43床から60床 国内最大級)

待機患者の解消

  • 病床数を400床から500床に
  • HCU(準集中治療室)16床を新設
  • 緩和ケア病棟を18床から36床に倍増

その他、災害対策及び省エネ、CO2削減対策にも多くの気配りがされている設計となっています。

がんセンター新病院完成模型

がんセンター新病院完成模型

· ·

皆さまの声をお寄せください↗️

<<

>>

※記事掲載写真のほとんどはクリックして拡大画像をご覧いただけます。 ※当ホームページに掲載の記事、イラスト、写真などの無断転載を禁じます。 ※イベント等の写真をホームページに掲載する場合がございます。掲載を望まない方はお手数ですがお申し出ください。

※個人情報のお取り扱いについて ※宮崎栄治郎ホームページRSS

© 2019 Eijiro Miyazaki

過去の記事

県政調査事務所

さいたま市南区大谷口1064 TEL:048-887-6511 FAX:048-882-5980 ご連絡・お問い合せはこちらのメールフォームからどうぞ。 ホームページは携帯からでもご覧いただけます。下のQRコードからどうぞ。
QRコード

ページの先頭に戻る↑