5月/11

6

東日本大震災被災地の被害状況視察に行ってまいりました

4月27日(水)、南区自民党議員団で東日本大震災に係る福島県の災害地被害状況視察を実施いたしました。
参加者は、田中前衆議院議員、野口・霜田・萩原市議会議員、私宮崎、ほか4名です。

原町区・鹿島区の津波による災害現場

原町区・鹿島区の津波による災害現場

南相馬市議会を訪ね現況説明を受けた後、原町区・鹿島区の津波による災害現場を視察させていただきました。
説明してくださった中川庄一南相馬市議会議員の話によりますと、南相馬市では亡くなられた方510名、いまだ行方不明の方500名とのこと。また、物資が入らない状態が今も続いており、大変困っておられるとのことでした。

中川庄一議員から説明を受ける

中川庄一議員から説明を受ける

南相馬地区海岸は、大きく地盤沈下し、浜辺がなくなり、海岸を含めたまちづくりがいっぺんに失われてしまったそうです。

相馬市議会災害対策本部を表敬訪問

相馬市議会災害対策本部を表敬訪問

相馬市議会災害対策本部を表敬訪問しました。市議会議長波田野広文氏に対応していただき、以下のようなお話(要旨)をうかがいました。

  • 原子力発電所の一刻も早い終息を願っている。
  • 国の対応が実に遅い。
  • 避難所生活者の食事はあるが、自宅生活者は食料が不足している。

新地町災害地域の様子

新地町災害地域の様子

柱は残っているが、1階部分に津波が押し寄せ壁などは破壊されてしまっていました。周辺を見回すと壊れたトラクターや車が多数、いたるところに放置されておりました。

· ·

皆さまの声をお寄せください↗️

<<

>>

※記事掲載写真のほとんどはクリックして拡大画像をご覧いただけます。
※当ホームページに掲載の記事、イラスト、写真などの無断転載を禁じます。
※イベント等の写真をホームページに掲載する場合がございます。掲載を望まない方はお手数ですがお申し出ください。
※個人情報のお取り扱いについて

© 2018 Eijiro Miyazaki

過去の記事

県政調査事務所

さいたま市南区大谷口1064
TEL:048-887-6511 FAX:048-882-5980
ご連絡・お問い合せはこちらのメールフォーム↗️からどうぞ。
ホームページは携帯からでもご覧いただけます。下のQRコードからどうぞ。

ページの先頭に戻る↑