9月/19

12

危機管理大規模災害対策特別委員会 視察報告

危機管理大規模災害対策特別委員会は9月11日(水)、東京理化大学理工学部土木学科水理研究室に二瓶泰雄教授を尋ねました。

研究室には長さ20mにも及ぶ実物大スケール水路があり、実際の状況に近い環境で堤防の越水・破堤状況等の実験を行っておられます。

これらの取り組みを調査し本県の防災対策の参考としました。

また同日、東京都調布市の消防庁消防大学校消防研究センターを視察しました。

こちらの研究センターでは、石油コンビナート火災のように人が近づけない危険な現場で消火活動を行う消防ロボットチームを、産学官連携で5年間かけて開発しました。
今年5月には千葉県市原市消防局に配備したそうです。

科学技術の進歩に合わせて、防災対策に際し最新技術を適切に活用することが埼玉県でも課題になっております。


# 宮崎栄治郎の公式Twitterにて最新情報をお知らせしています。

· ·

皆さまの声をお寄せください↗️

>>

※記事掲載写真のほとんどはクリックして拡大画像をご覧いただけます。 ※当ホームページに掲載の記事、イラスト、写真などの無断転載を禁じます。 ※イベント等の写真をホームページに掲載する場合がございます。掲載を望まない方はお手数ですがお申し出ください。

※個人情報のお取り扱いについて ※宮崎栄治郎ホームページRSS

© 2019 Eijiro Miyazaki

過去の記事

県政調査事務所

さいたま市南区大谷口1064 TEL:048-887-6511 FAX:048-882-5980 ご連絡・お問い合せはこちらのメールフォームからどうぞ。 ホームページは携帯からでもご覧いただけます。下のQRコードからどうぞ。
QRコード

ページの先頭に戻る↑