9月/15

15

拉致問題を考える埼玉県民の集い

9月5日(土)埼玉会館小ホールにおいて「拉致問題を考える埼玉県民の集い」が500名の参加者を集め、開催されました。

拉致問題を考える埼玉県民の集い

拉致問題を考える埼玉県民の集い

登壇者は 曽我ひとみさん(拉致被害者)、飯塚繁雄さん(家族会代表。、致被害者田口八重子さんの兄)、藤田隆司さん(特定失踪者藤田進さんの弟)ほか拉致被害者・特定失踪者のご家族の皆さん。
拉致被害者の親の世代はと80〜90歳と高齢になりつつあります。兄弟でも70歳代、もうこれ以上は待てない状況であります。

政府は拉致問題対策本部を作り、担当大臣を任命して被害者救出に取り組んではおりますが、いまだに具体的成果を上げるに至ってはいません。「拉致問題を考える埼玉県民の集い」では今年こそ政府は全力を傾けて、すべての拉致被害者を早急に救い出すための行動を起こしてもらえるよう、​アピールの声を上げました。

· · ·

皆さまの声をお寄せください↗️

<<

>>

※記事掲載写真のほとんどはクリックして拡大画像をご覧いただけます。 ※当ホームページに掲載の記事、イラスト、写真などの無断転載を禁じます。 ※イベント等の写真をホームページに掲載する場合がございます。掲載を望まない方はお手数ですがお申し出ください。

※個人情報のお取り扱いについて ※宮崎栄治郎ホームページRSS

© 2019 Eijiro Miyazaki

過去の記事

県政調査事務所

さいたま市南区大谷口1064 TEL:048-887-6511 FAX:048-882-5980 ご連絡・お問い合せはこちらのメールフォームからどうぞ。 ホームページは携帯からでもご覧いただけます。下のQRコードからどうぞ。
QRコード

ページの先頭に戻る↑