9月/12

22

群馬県八ッ場ダム建設推進議員連盟による現場視察を行いました

昨年12月に建設工事継続が決まった八ツ場ダム本体ですが、今だ杭1本打ててないでいます。
それは民主党内で今だに建設に反対の立場の議員がいるためであります。理由としては、利根川流域の治水対策を含めた河川整備計画の策定の見通しが立たないためだとのこと。その上、建設反対派は「会議のメンバーがダム推進派に偏っている」と批判、2月になって反対派の識者3名を加えるように国交省に要求し、このため会議は半年以上遅れることとなってしまいました。
民主党政権が工事中止を表明してから3年がたちます。地元住民は昨年の継続決定は何であったのかと大きな不満を募らせています。ダム本体工事費は4600億円。その内訳は国の支出が55%の2700億円。残りの45%の1900億円は1都5県で支出することになっており、本来ダム建設中止を決定するには1都5県の議会の決議が整わなくては成立しないことになっていたのです。
この度ようやく建設執行会議がもたれ開催される運びとなったようではあります。私たち議連は次の会議の内容を注視してまいります。

湖面3号橋から眼下を望む

湖面3号橋から眼下を望む(↑拡大)

国土交通省八ツ場ダム工事事務所所長 佐々木淑充氏

国土交通省八ツ場ダム工事事務所所長
佐々木淑充氏(↑拡大)

視察日:平成24年9月19日(水)
視察団/
 埼玉県から:佐久間実 八ツ場ダム議連副会長以下埼玉県議32名、岩崎康大 県都整備部長以下7名。
 群馬県から:中沢丈一 八ツ場ダム建設推進1都5県の会幹事長、群馬県議 南波和憲 自民党群馬県連副会長、萩原歩 八ツ場ダム建設推進1都5県の会事務局長    
 国交省から:佐々木淑充 国交省八ツ場ダム工事事務所長、津久井俊彦 同副所長
工事中の湖面1号橋

工事中の湖面1号橋(↑拡大)

· ·

皆さまの声をお寄せください↗️

<<

>>

※記事掲載写真のほとんどはクリックして拡大画像をご覧いただけます。 ※当ホームページに掲載の記事、イラスト、写真などの無断転載を禁じます。 ※イベント等の写真をホームページに掲載する場合がございます。掲載を望まない方はお手数ですがお申し出ください。

※個人情報のお取り扱いについて ※宮崎栄治郎ホームページRSS

© 2019 Eijiro Miyazaki

過去の記事

県政調査事務所

さいたま市南区大谷口1064 TEL:048-887-6511 FAX:048-882-5980 ご連絡・お問い合せはこちらのメールフォームからどうぞ。 ホームページは携帯からでもご覧いただけます。下のQRコードからどうぞ。
QRコード

ページの先頭に戻る↑