タグ | 視察

私、宮崎栄治郎が今年度所属しております『警察危機管理防災委員会』は5月31日(水)〜6月2日(金)の3日間、熊本県と福岡県を視察してまいりました。

熊本県は昨年4月14日及び16日に2度に渡る大震災にみまわれ、この地震により全壊約8000棟を含む約16万9000棟が被害を受けました。

4月14日の発災直後より知事を本部長とする災害対策本部を直ちに設置し、迅速に活動を開始したとのこと。

熊本県の防災の取り組みを伺いました

熊本県の防災の取り組みを伺いました

同県における防災の取り組みや熊本地震の対応の教訓、非常時における広域自治体としての市町村との支援・連携のあり方等について当時実際に采配をとった担当官から直に説明を受けました。本県の大規模地震等に対する危機管理の大きな参考となりました。
熊本地震の対応の教訓等大変参考になりました

熊本地震の対応の教訓等大変参考になりました

また、熊本市役所から復興に20年といわれる熊本城を巡り、高齢者及び認知症に係る運転免許証返納に取り組んでいる熊本県免許センターを訪ねました。

福岡県では福岡県警察本部を訪ね、特定危険指定暴力団に指定されている五代目工藤會をはじめ5つの団体の壊滅に取り組む活動報告を受けました。

· · ·

本年1月JR蕨駅にて、盲導犬を連れた視覚障害のあるマッサージ師の男性(63歳)がホームから転落するといういたましい事故が発生しました。
県議会では、ホームドア設置を国及びJRに強く要望したところであります。

また合わせて私ども「埼玉県議会動物と共生する社会を推進する議員連盟」は、このたび京都にある公益財団法人 関西盲導犬協会を視察してまいりました。

国家公安委員会の指定を受け、全国で11箇所の訓練センターがあり、ここの施設はその7番目にあたります。
訓練犬は主にラブラドールレトリバーが多いとのこと。職員さんからは盲導犬として仕上げるまでに要する時間と苦労などの説明を受けました。

盲導犬協会にて職員の方から説明を受ける

盲導犬協会にて職員の方から説明を受ける

盲導犬協会の運営費の多くは善意の寄付金により成り立っているのだそうです。

公益財団法人 関西盲導犬協会

公益財団法人 関西盲導犬協会

埼玉県内では現在視覚障害者の内、概ね80人の方が盲導犬を活用されておられます。

· · ·

11月1日(火)、神奈川県藤沢市の湘南ロボケアセンター(株)を議会運営委員会近県視察として視察してまいりました。

超高齢社会となり、高齢者や障害者の方々が被介護者となった際の身体機能のアシストや機能改善・生活支援を担う介護者の身体的負担軽減が実現できるロボット等への期待が今日急速に高まってきております。

解説をしていただいた久野孝稔代表取締役社長

解説をしていただいた久野孝稔代表取締役社長

湘南ロボケアセンター(株)では被介護者の生活支援及び社会参加を実現するため、サイバーダイン社が開発するロボット技術等を最大限に生かし、人とテクノロジーが共に支え合う社会の実現に向けて先進的な事業に取り組んでおられるとのことで、非常に意義のある視察となりました。

HALの機能を体感する神尾議会運営委員長

HALの機能を体感する神尾議会運営委員長

· · · · ·

県議会欧州視察団によるヨーロッパ視察レポートの最終回です。

【9月18日 訪問先:イギリス ラグビーW杯開催スタジアムとその周辺】
日本代表チームの快進撃で注目を浴びるラグビーW杯は次回大会(2019年)が日本で開催されます。

埼玉県におきましても熊谷市が開催都市のひとつに決定しており、その関係で今大会の会場ブライトン・コミュニティー・スタジアムとその周辺を視察しました。

ラグビーファンで埋まったブライトン・コミュニティー・スタジアム

ラグビーファンで埋まったブライトン・コミュニティー・スタジアム

この日は幸運にも、日本代表対南アフリカ代表戦を観戦。
世界中から歴史的快挙と称えられることになる試合を思いがけず目の当たりにすることができたのです。
日本代表は34対32のスコアで全7回大会中2回優勝の難敵を下しました。

日本代表対南アフリカ代表戦が始まります

日本代表対南アフリカ代表戦が始まります

歴史的勝利の凱歌をあげる日本代表選手たち

歴史的勝利の凱歌をあげる日本代表選手たち

◎ 県議会欧州視察団 視察報告(1)↗️
◎ 県議会欧州視察団 視察報告(2)↗️
◎ 県議会欧州視察団 視察報告(3)↗️

· ·

県議会欧州視察団によるヨーロッパ視察レポートの3回目です。

【9月18日 訪問先:ブリュッセル】
《JETRO》
JETOROは日本貿易振興機構の略称で、わが国の貿易振興関連事業や、開発途上国・地域に関する研究を広く行っている独立行政法人です。

75カ所を超える海外事務所と、本部(東京)、大阪本部、アジア経済研究所ならびに約40におよぶ国内拠点から成る国内外ネットワークを展開。
これらをフルに活用し、対日投資の促進、農林水産物・食品の輸出や中堅・中小企業等の海外展開支援に機動的かつ効率的に取り組むとともに、調査や研究を通じ我が国企業活動や通商政策に貢献する団体として大きな役割を果たしています。

JETORO ブリュッセル事務所は、ベルギーをはじめとする欧州各地で活動されている日系企業の皆様への日本語によるEU情報の発信、および貿易、対日投資促進等を柱とする各種事業を実施しておられるとのこと。
視察に当たっては所長の岡田春彦様はじめ、事務所のスタッフの皆さんから懇切丁寧にご説明いただきました。

ブリュッセルJETROにて説明を受けました

ブリュッセルJETROにて説明を受けました

《C.P.A.S(公的社会福祉センター)》
引き続きブリュッセルにて、1976年に公的援助委員会を引き継ぐ形で創設されたC.P.A.Sを視察しました。

C.P.A.Sにてお話を伺いました

C.P.A.Sにてお話を伺いました

住民に対する社会福祉政策をその権限としており、雇用対策から病院の設置、運営まで幅広い取り組みを行っております。

C.P.A.Sでの介護の様子

C.P.A.Sでの介護の様子

C.P.A.Sででは住民への福祉政策に取り組んでいます

C.P.A.Sででは住民への福祉政策に取り組んでいます

◎ 県議会欧州視察団 視察報告(1)↗️
◎ 県議会欧州視察団 視察報告(2)↗️
◎ 県議会欧州視察団 視察報告(4)↗️

· · ·

県議会欧州視察団によるヨーロッパ視察レポートの2回目です。

【9月17日 訪問先:アムステルダム「ドクター・スハエプマンスクール」】
オランダをはじめヨーロッパ諸国では、オルタナティブ教育(従来型教育にとらわれない試みによる教育)が盛んであります。その中でもイエナプラン教育で有名な「ドクター・スハエプマンスクール」を訪ねました。

ドクター・スハエプマンスクール

ドクター・スハエプマンスクール

イエナプラン教育とは、ドイツ・イエナ大学のペーター・ペーターゼン教授が創設した学校教育で、異年齢の子供たちによって学級を編成するところに大きな特徴があります。

それは、子供たちがこのような学級の中で「教え、教えられ」たり、「助け、助けられ」たりする立場を知り、体験することで、現実社会の人間関係を学び体現していくことに重きを置くという教育理念に基づくものでありました。

イエナプラン教育の様子

イエナプラン教育の様子

また、学級は「根幹グループ」と呼ばれ、教室はリビングルーム的な環境作りが強調され、皆が家族のような環境の中で育ち、自主性・自己管理能力を育てる教育として、注目を集めています。また、日本からの視察も数多く受け入れられております。

教室はリビングルーム風の環境

教室はリビングルーム風の環境

◎ 県議会欧州視察団 視察報告(1)↗️
◎ 県議会欧州視察団 視察報告(3)↗️
◎ 県議会欧州視察団 視察報告(4)↗️

· ·

Older posts >>

※記事掲載写真のほとんどはクリックして拡大画像をご覧いただけます。
※当ホームページに掲載の記事、イラスト、写真などの無断転載を禁じます。

© 2017 Eijiro Miyazaki

過去の記事

県政調査事務所

さいたま市南区大谷口1064
TEL:048-887-6511 FAX:048-882-5980
ご連絡・お問い合せはこちらのメールフォーム↗️からどうぞ。
ホームページは携帯からでもご覧いただけます。下のQRコードからどうぞ。

ページの先頭に戻る↑