タグ | 災害

防災センターを訪れました

防災センターを訪れました

先日7月31日(月)さいたま市南区の自民党員44名はさいたま市南区自民党党員研修会を開催し、国土交通副大臣田中良生氏の案内で国土交通省内に設置されている防災センターを視察してまいりました。

全国約2万5千箇所に設置されている防災カメラは、全国各地に頻発する豪雨災害や地震被災地に即座にレンズを向け情報を収集します。国土交通省防災センターでは情報を解析し国交大臣・副大臣同席の下、救援対策の総合指揮を執ります。

ここから全国を見守ります

ここから全国を見守ります

· · ·

去る10月19日(水)、毎年恒例となっている「MG会チャリティーゴルフ大会」(宮崎栄治郎後援会ゴルフ同好会主催)が213名の多くのご参加をいただき今年も鹿沼CCで盛大に開催されました。

チャリティー募金は106,500円にのぼり 埼玉新聞社「希望の翼」に寄託いたしました。

「希望の翼」寄託金と「熊本地震復興支援」募金をMG会部会長三上憲治氏から受け取る

「希望の翼」寄託金と「熊本地震復興支援」募金をMG会部会長三上憲治氏から受け取る


又 4月14曰に発生した熊本地震復興支援としても募金され、15万円を上回るご協力をいただきました。

いただいた募金は来月11月21日(月)熊本県議会吉永議長を表敬し視察を行う際にお見舞いとして持参いたします。

· · ·

毎年定期的に開催しております自民党県議団の為の救急救命講習会が、7月15日(金) 議会棟にて今年も開かれました。

行なってみると細部について意外に忘れていることもあることに気づかされます。

万が一に備えて勉強しておくように、皆で肝に銘じました。

自民党県議団救急救命講習会

自民党県議団救急救命講習会

· · ·

先日こちらのホームページに掲載いたしましたが、第12回MG会ゴルフコンペ(10月21日開催)に於きまして本年9月に発生した「関東・東北豪雨災害」に対し被災された方々への義援金を募ったところ、参会者の皆さんから119,572円という心温まるご支援をいただきました。

あらためて御礼申し上げます。
11月5日(木)、三上憲治ゴルフ部会長、中村元徳後援会事務局長とともに日本赤十字埼玉県支部経由で届けさせていただいたことをご報告いたします。

· · ·

去る10月21日(水)鹿沼カントリー倶楽部に於きまして、第12回MG会(宮崎栄治郎後援会ゴルフ同好会)チャリティーゴルフ大会が180名の参加者を迎え盛大に開催されました。

栄えある優勝は、鍋島信也さん(年齢76歳、スコアー73)がベストグロスとともに輝きました!またエイジシュートも達成し鹿沼カントリー倶楽部からも表彰されるという見事さでした。

ベストグロスで優勝された鍋島信也様のスピーチ

ベストグロスで優勝された鍋島信也様のスピーチ

当日はチャリティーが行われ、埼玉新聞社の「希望の翼」(障害者の海外研修ツアー)の寄託金として90,000円(10月25日)を、また、日赤埼玉県支部に「関東・東北豪雨災害支援募金」(11月5日)として119,572円を寄託いたしました。参加された皆様の温かなお気持ちに感謝いたします。

日赤埼玉県支部では、日赤埼玉県支部事務局長に直接集まった支援金をお渡ししました。
写真は右から中村後援会事務局長、真下日赤埼玉事務局長、三上MG会部会長、わたくし宮崎です。

日赤埼玉県支部事務局長に支援金をお渡ししました

日赤埼玉県支部事務局長に支援金をお渡ししました

· · ·

発足して20年を迎える埼玉国際青年を育てる会(会長:星野和央氏)は5月30日(土)、北浦和にある国際交流基金 日本語国際センターにて定期総会を開催しました。

育てる会ではこれまでも青年海外協力隊やシニヤ海外ボランティアに派遣される方々の壮行会を開いたり、海外での活動の報告会を開催してまいりました。埼玉国際青年を育てる会はそういった皆さまにとっての精神的な支えとしても大変有意義な団体となっております。

エチオピアで自然農法を学ばれた江原浩昭さん

講演された江原浩昭さん

講演された江原浩昭氏は20年前、アフリカはエチオピアの標高2500メートルの高地で現地の人々から自然農法を学ばれたそうです。
「ガバレ」は、エチオピアの言葉で百姓という意味で、江原さん達は、「もの」の少ないエチオピアのガバレ達の暮らしから、「生きること」すなわち生活・暮らしの原点を学ばれたのでした。
そういった体験から、真の意味で豊かな生活を作るのは世界中のガバレ=百姓に他ならないとのお話をいただきました。

江原浩昭氏の埼玉国際青年を育てる会20周年記念講演に続いて、ネパール大地震の近況報告と題しての報告がございました。登壇された仲野智子氏は青年海外協力隊、26年度第4次派遣隊の一員で栄養士をされています。発災から1週間ネパールのカトマンズで行なわれた活動についてのお話がありました。

ネパール大地震の救援活動に加わった仲野智子さん

ネパールで救援活動に加わった仲野智子さん

仲野さんは現在衛生上の理由で日本に一時帰国し、6月より再度ネパールにて活動を再開されるそうです。
様々な人々によって被災地では人命救助をはじめインフラの復旧・復興がなされておりますが、さらに多くの人の助けをかりて継続されることでしょう。

· · · · ·

Older posts >>

※記事掲載写真のほとんどはクリックして拡大画像をご覧いただけます。
※当ホームページに掲載の記事、イラスト、写真などの無断転載を禁じます。

© 2017 Eijiro Miyazaki

過去の記事

県政調査事務所

さいたま市南区大谷口1064
TEL:048-887-6511 FAX:048-882-5980
ご連絡・お問い合せはこちらのメールフォーム↗️からどうぞ。
ホームページは携帯からでもご覧いただけます。下のQRコードからどうぞ。

ページの先頭に戻る↑