タグ | 武道

6月11日(日)、埼玉県立武道館に於きまして「少林寺拳法創始70周年記念 2017埼玉県少林寺拳法大会」が開催されました。
県内各地の道場から600名の拳士が参集し、今回もたいへん盛大な大会となりました。

県内各地の道場から600名の拳士が参集

県内各地の道場から600名の拳士が参集

埼玉県少林寺拳法連盟は少林寺拳法で技を修練して身体を養い、心を修めて人間形成を目指している団体です。
私、宮崎栄治郎はこの連盟の副会長を務めさせていただいております。

いっそう多くの拳士の参加を希望する次第でございます。

武道館に元気な声が響きました

武道館に元気な声が響きました

· · ·

12月11日(日)、さいたま新都心のホテル ブリランテ武蔵野において、埼玉県 少林寺拳法連盟 設立45周年記念式典が開催されました。

当日は少林寺拳法グループの宗 由貴総裁をはじめ、各地(関西、関東、甲信越、東北)から合わせて300有余名の指導者が列席され、盛大な式典となりました。

式典の中では長年埼玉県少林寺連盟会長として多大な貢献をされたとして、現日本武道館会長松永光先生に感謝状が授与されました。

祝埼玉県少林寺拳法連盟設立45周年

祝 埼玉県少林寺拳法連盟設立45周年

· · ·

さいたま市与野体育館競技場に於きまして、5月29日(日)第14回 さいたま市なぎなた大会が開催されました。

年少者は小学3年生から上は一般成人まで、日本の伝統武道の極みを求め日頃から修練してきた心技をこの大会で発揮していただきたいと、連盟の顧問として私宮崎栄治郎より祝辞を述べさせていただきました。

因みに当大会会長はさいたま市議の帆足和之氏であります。

勢揃いした選手たち。伝統武道が心技を高めます

勢揃いした選手たち。伝統武道が心技を高めます

· · ·

今年度の埼玉県少林寺拳法大会が6月14日(日)、埼玉県立武道館で開催されました。

県内から74道院、12高等学校支部、8大学支部、800名の拳士が一堂に集まり元気に盛大に行われました。

800名もの拳士が一堂に集まりました

800名もの拳士が一堂に集まりました

拳士たちは日頃の修練した技を力の限り披露し、少林寺拳法の精神「人づくりの道」に向かって頑張る姿に心打たれる大会となりました。

鍛えた技を溌剌と力の限り披露しました

鍛えた技を溌剌と力の限り披露しました

頑張れ少林寺拳法を学ぶ拳士たち!

· · ·

気持ちの良い天気に恵まれた5月6日(水・祭日)、さいたま市大宮武道館にて第3回埼玉県空手道選手権大会が盛大に開催されました。

震災復興支援チャリティーも行われた

震災復興支援チャリティーも行われた

空手道は日本の伝統的な武道の精神を今に伝え、日々の稽古を通じて身体を鍛えるスポーツです。
また、人を尊び、感謝する心を養い、自らを律し自分の行動に責任を持つ姿勢を身につけるための修業の側面を持つ競技でもあります。

勢揃いする選手たち。気合いが入ります!

勢揃いする選手たち。気合いが入ります!

私は、本大会の大会長として日本の未来を担う青少年を全力で応援してまいります。

· · · ·

5月18日(日)さいたま市駒場体育館において「さいたま市市民体育大会・少林寺拳法大会」が盛大に開催されました。

さいたま市少林寺拳法協会会長として挨拶する宮崎栄治郎

さいたま市少林寺拳法協会会長として挨拶する
宮崎栄治郎

少林寺拳法創始者であられる宋道臣先生は、創始の理念として「自信と勇気、行動力と慈悲心を持った、社会で役にたつ正義感あふれる人を育てる“人づくり”の道」とされました。

「半ばは自己の幸せを、半ばは他人の幸せを」と宋道臣先生は教えました。日本の未来を担う子供たち若者たちが、自分を大切にし、同時に相手のことも想いやることのできる人間に成長していくことを期待するところであります。

少林寺拳法創始者宋道臣先生の教えを皆で唱える鎮魂行

少林寺拳法創始者宋道臣先生の教えを皆で唱える
鎮魂行

少林寺拳法を通じて信義礼節を重んじることを学ぶとともに、自己の心身の鍛錬に励んで下さい。

代表有段者の模範演武を皆で学ぶ

代表有段者の模範演武を皆で学ぶ

· · ·

Older posts >>

※記事掲載写真のほとんどはクリックして拡大画像をご覧いただけます。
※当ホームページに掲載の記事、イラスト、写真などの無断転載を禁じます。

© 2017 Eijiro Miyazaki

過去の記事

県政調査事務所

さいたま市南区大谷口1064
TEL:048-887-6511 FAX:048-882-5980
ご連絡・お問い合せはこちらのメールフォーム↗️からどうぞ。
ホームページは携帯からでもご覧いただけます。下のQRコードからどうぞ。

ページの先頭に戻る↑