調査等活動報告です。

県政報告 平成28年9月発行

県政報告 平成28年9月発行

本年9月に発行した県政報告のPDFを掲載いたしました。

第119代 埼玉県議会議長に就任して(9月で)3ヶ月、「近況フォトアルバム」号として様々な活動のスナップショットを集めてみました。

右の表紙写真をクリックして是非ご覧ください(閲覧にはAdobe社のAdobe Readerが必要です)。

No tags

第155回全国都道府県議長会が10月25日(火)、ホテルレイクビュー水戸に於いて開催され参加して参りました。

当日は日本学術振興会特別研究員 筑波大学サイバニクス研究センター長の山海嘉之氏が、「革新的なサイバニックシステムによる社会変革 未来開拓への取り組み〜重介護ゼロ社会への挑戦」と題して記念講演をされました。

記念講演をされる山海嘉之氏

記念講演をされる山海嘉之氏

また、挨拶には山形県の野川政文全国議長会会長が立たれました。

野川政文全国議長会会長(山形県)が挨拶に立たれました

野川政文全国議長会会長(山形県)の挨拶

· · · ·

毎年定期的に開催しております自民党県議団の為の救急救命講習会が、7月15日(金) 議会棟にて今年も開かれました。

行なってみると細部について意外に忘れていることもあることに気づかされます。

万が一に備えて勉強しておくように、皆で肝に銘じました。

自民党県議団救急救命講習会

自民党県議団救急救命講習会

· · ·

4月25日(月)、アンドレ・コヘーア・ド・ラーゴ駐日ブラジル連邦共和国特命全権大使閣下が、埼玉県知事及び埼玉県議会日伯友好議員連盟を表敬訪問されました。

駐日ブラジル特命全権大使からの挨拶(知事公館に於いて)

駐日ブラジル特命全権大使からの挨拶
(知事公館に於いて)

日本とブラジル連邦共和国は、100年以上に及ぶ交流と友好の歴史があり、政治、経済を始め多くの交流が今日まで行われてきております。

本年ブラジルで開催される、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックが両国選手・応援団の積極的な交流の場となるよう強く希望することを互いに確認し合いました。

​埼玉特産狭山茶を大使に渡す日伯議員連盟 長峰宏芳会長

​埼玉特産狭山茶を大使に渡す日伯議員連盟
長峰宏芳会長

·

4月22日(金)、県庁駐車場に水素ステーションが完成し、開所式が行われました。

式には正副県議会議長、環境農林委員会所属の県議会議員、上田知事をはじめとする多くの関係職員が参列いたしました。

水素ステーション開所式

水素ステーション開所式

車がいつまでも夢のある存在であり続けるためには、CO2による地球温暖化や資源枯渇といった、これから乗り越えなくてはならない課題が未解決のままであります。

水素エネルギーの可能性に着目した日本のメーカーは、水素を燃料としてCO2を一切出さない燃料電池自動車を完成させるため、今日まで真摯に研究開発してきました。

10年先は、これらの車が当たり前に走っているのかもしれません。
県議会としても未来を見据えて、この希望に満ちた新技術をを力強く後押しして参りたいと考えております。

なお、この日水素ステーションの開所と合わせ、新型燃料電池自動車「HONDAクラリティ フューエル セル」の納車式も行われました。

新型燃料電池自動車が納車されました

新型燃料電池自動車が納車されました

· ·

越谷市にある埼玉県立大学は保健・医療・福祉のスペシャリストを養成する大学です。
4月5日(火)大学ホールに新入生470名、保護者の皆さんを含めると約900名を集め、入学式が盛大に開催されました。

新入生代表は、福祉介護職分野の人手不足が迫っている中において、しっかり勉学に励み人間としても成長することを誓うと決意を述べました。

私宮崎栄治郎も県議会議長として登壇し、大いに学生の皆を応援していく旨の祝辞を贈りました。新入生それぞれが新たな決意と大きな目標を掲げ、社会に羽ばたく日を迎えるのがたいへん楽しみであります。

埼玉県立大学大学院入学式で祝辞を述べました

埼玉県立大学大学院入学式で祝辞を述べました

· · ·

<< Latest posts

Older posts >>

※記事掲載写真のほとんどはクリックして拡大画像をご覧いただけます。
※当ホームページに掲載の記事、イラスト、写真などの無断転載を禁じます。

© 2017 Eijiro Miyazaki

過去の記事

県政調査事務所

さいたま市南区大谷口1064
TEL:048-887-6511 FAX:048-882-5980
ご連絡・お問い合せはこちらのメールフォーム↗️からどうぞ。
ホームページは携帯からでもご覧いただけます。下のQRコードからどうぞ。

ページの先頭に戻る↑