8月/13

6

埼玉県議会 公社事業対策特別委員会 視察報告2

視察記事2件目です。(1件目はこちら)

翌7月31日は北九州高速鉄道株式会社を訪ねました。

車両の定期検査の視察

車両の定期検査の視察

北九州市が出資する北九州高速鉄道株式会社は、小倉駅から全長8.8キロ、13駅を有する北九州モノレール(昭和60年開設)を運行している会社です。
開業から30年を経過したところで、経年劣化や耐震に対し配慮すべき点が生じ始めておりました。そこで、更に70年老朽化延命対策を策定し、100年対応に切り替え、安全・安心実現化に向けての取り組みが始まりました。

モノレール使用のタイヤ点検

モノレール使用のタイヤ点検

埼玉県出資法人に於いても、本県にはニューシャトルや地下鉄7号線がありますので、経年劣化対策や耐震対策をしっかりと考えていかなければなりません。その点でも今回の視察は大いに参考となりました。

·

1 comment

<<

>>

※記事掲載写真のほとんどはクリックして拡大画像をご覧いただけます。
※当ホームページに掲載の記事、イラスト、写真などの無断転載を禁じます。

© 2017 Eijiro Miyazaki

過去の記事

県政調査事務所

さいたま市南区大谷口1064
TEL:048-887-6511 FAX:048-882-5980
ご連絡・お問い合せはこちらのメールフォーム↗️からどうぞ。
ホームページは携帯からでもご覧いただけます。下のQRコードからどうぞ。

ページの先頭に戻る↑